交通事故慰謝料の計算方法、保険会社と弁護士ではココが違う

保険会社が行う慰謝料の計算方法

保険会社が慰謝料を算出するために利用する計算式は、保険会社ごとに異なります。

しかし大体どこでも「長期にわたる治療はある程度日数を区切る」「基本的に最低保証額を提示する」というのが基本パターンのようです。

まずは長期にわたる治療はある程度日数を区切るという部分ですが、治療が長引けばその分慰謝料の算定に計上する数字が増えることが理由です。

病院に通院するための交通費なども結構高くつきますし、いつまでたっても治らないと言い続けられては保険会社としてもどこかで打ち切りをしなくてはいつまでも請求されるという考え方があるからです。

次に基本的に最低保証額を提示するという部分ですが、不当に過小計算するようなことはしません。

しかし法定基準を満たす最低額を提示してくることは間違いありません。

保険会社としてはできるだけ慰謝料は低く見積もりたいわけで、被害者のことを考えた数字はほぼ出てこないと思って間違いないでしょう。

全体としては慰謝料をどれだけ安くできるかという考え方を基準に計算しているものと考えて下さい。

提示された額で納得できるというならそれで構いませんが、たいていは「こんな程度しか慰謝料払ってくれないのか」という結果のほうが多いはずです。

TOP | 弁護士が行う慰謝料の計算方法 | どちら側の立場で計算するのか | 発生事由と被害状況は同じなのに計算結果が違う理由 | 被害者は本来守られるべき立場にある
Copyright (C) 2013 交通事故慰謝料の計算方法、保険会社と弁護士ではココが違う All Rights Reserved.